ネイティブスピーク 効果 レビュー

 

ネイティブスピーク

チェック 今ネットで話題沸騰中の発音矯正教材の「ネイティブスピーク」
チェック 世界最先端のCG映像でネイティブの口の中を完全再現!
チェック 映像に振られた番号通りに舌を動かすだけの画期的なシステム
チェック ハリウッドで俳優に英語を教えている世界NO.1発音コーチ監修
チェック 英語の声になるアメリカ式ボイストレーニングも特別に収録

30年前に当時の文部省から招かれて以来、2.500人以上の日本人をバイリンガルに変身させたスコット・ペリー先生の最新メソッドが詰まった他に類を見ない発音教材!!

>>ネイティブスピークの公式サイトはこちら

 

そんなネイティブスピークは本当に効果があるのでしょうか?

 

このサイトではそんなネイティブスピークの本当の効果を探っていきたいと思います。

 

ネイティブスピークの効果の検証を始める前に・・・

まず、ネイティブスピークの効果の検証を始める前にどういった人間が効果の検証を行っているかの参考をお伝えするために、簡単ですが私の自己紹介をさせて頂きたいと思います。

 

ケン

はじめまして、兵庫に住んでいるケンと申します。

 

私は、大学時代のTOEIC450点から勉強を始めて、いろいろな詐欺のような教材を掴まされたり、全く役に立たない参考書(TOEICをほとんど受けたことのないTOEIC満点取得者の書いた参考書)などに苦しめられたり、いくら勉強しても全くスコアが上がらず挫折したりと、紆余曲折を経て大体3年ほどで現在のスコア875点まで到達しました。

 

一応証拠画像を載せておきます。

 

ネイティブスピークの効果は本当?徹底検証と本音レビュー

 

正直、ブログやホームページなどでTOEICについての情報発信をされている方と比べると、スコアは低いかもしれませんが、その分、等身大で丁寧な説明を心がけましたので、参考にしていただけると幸いです。

 

ネイティブスピークの特徴

そもそもネイティブスピークが他の発音DVDと違うのはどの部分なのでしょうか?

 

まずは、その点を明確にしたいと思います。

 

ネイティブスピークの特徴は以下の3つです。

 

口の中がCG動画で完全再現

ネイティブスピークはCG動画を使って口の中が再現されています。通常の発音のDVDはネイティブが発音している映像を前から取ったものと横から撮ったものがほとんどで口の中の舌の動かし方の映像はありませんが、こちらのDVDは口の中の映像があるので、舌の動かし方が分かり、正しい発音がより正確に理解できます。

番号に合わせて舌を動かすだけ

 

Scott Perry Tongue Position

 

ネイティブスピークは「Scott Perry Tongue Position」という発音練習システムが採用されています。これは、口の中に振られた番号に合わせて舌を動かすだけで誰でも正しい発音が出来るようになっています。このシステムのおかげで、説明が抽象的でどのように舌を動かしていいのか分からないといった心配がなくなります。

 

日本人にあった説明

このDVDは2500人以上の日本人をネイティブに変えてきたスコット・ペリー先生だけあって日本人にあった発音の方法を提案してくれています。例えば、Rの音を舌を反るという方法ではなく、舌の後ろを喉の奥に引くというような方法です。また、説明も理解しやすいように「キスをする時の口」や「犬が「ウゥー」唸るような感じで」といったような右脳を刺激する分かりやすい説明があります。

 

 

ネイティブスピークの特徴を一言で言うと、「日本一分りやすい発音DVD」だということです。

 

口の中をCGで再現して「番号に合わせて舌を動かすだけ」という画期的なシステムに加えて、先に上げたような発音のイメージの説明、ネイティブが実際に発音している映像(前と横から)など至れり尽くせりのDVDになっています。

ネイティブスピークを使うと、どのような効果があるのか?

では、ネイティブスピークに期待できる効果というのは一体どのようなものなのでしょうか?

 

私が実際に試してみて感じた効果は、英語が聞き取れるようになったこと単語/フレーズレベルでの発音が正確になったことです。

 

ネイティブスピークをレビューしているサイトの多くが英語がネイティブの様に話せるようになったと書いていますが、正直な所、ネイティブスピークで発音を勉強したからと言って英語が話せるようになるわけではありませんし、英文をネイティブのようにスラスラと朗読出来るようになるわけでもありません。

 

 

そもそも英語を話す能力というのは、発音だけでなく、単語の知識や英文を組み立てる能力が必要ですし、英文をネイティブのように朗読出来るようになるためには、(シャドウイングなどによって)英語のリズムやイントネーションを身に付ける必要があります。


 

なので、ネイティブスピークに期待できるのは、一般的に売られている発音教材と同じく、単語/フレーズレベルでの発音であり、発音ができるようになることによって付随して身に付く英語が聞き取れるようになる能力の獲得です。

 

では、本当にネイティブスピークは必要なのでしょうか?

 

発音練習がリスニングの効果的な理由

臨界期(言語の場合は12歳前後)を過ぎたオトナの脳は、英語を聴いた際に日本語で一番近い音=カタカナに置き換えて英語の音を処理していきます。

 

例えば、appleという英語を聴いた場合、実際は「エァップル」のような感じのような音になりますが、脳は日本語の「アップル」と置き換えて処理します。

 

このように、実際は英語の音と日本語の音には大きな隔たりがあるため、これらを是正し、正しい英語の発音を脳に覚えさせない限り、常に一番近いカタカナに置き換えられてしまいいつまで経っても英語が聴こえないということになります。

 

発音練習をして、正しい音を脳に覚えさせると英語の音として処理されるようになるため、英語が聞き取れるようになります。

ネイティブスピークは本当に必要か?

ネイティブスピークで期待できる効果は一般的に売られているDVD付きの発音本と変わりません。

 

では、一般の発音教材よりも高価なネイティブスピークは本当に必要なのでしょうか?

 

この点について、私は必要だと思います。

 

その理由はとってもシンプルで、ネイティブスピークを使うことによって大幅な時間の短縮ができるからです。

 

一般的に通常の発音教材が設定している練習時間は3ヶ月かかりますが、ネイティブスピークは毎日20分の練習で60日間で発音が身に付くような設定になっています。

 

私はネイティブスピークを購入する以前にも発音教材をいくつか使っていたので、はっきりとは言えないですが、1ヶ月もあればかなり発音が身に付くという印象を受けました。

 

これを可能にしているのはやっぱり圧倒的な教材の分かり易さ=情報量の多さです。

 

人が技術を習得するときにどれくらいの回数が必要かは情報量の多さによって決まります。

 

 

例えば、交通事故などのあらゆる感覚を刺激する出来事は圧倒的な情報量があるので鮮明に記憶されます。また、新しく引越し時の自宅から駅の道のりなども多くの感覚を刺激するので2・3回で覚えてしまいます。一方で、文字情報だけの本などは何回も読まなければ覚えることが出来ません。さらに、文脈がなく情報量が少ない英単語帳などは20〜30回繰り返したとしても覚えられるかどうか微妙なところです。


 

ネイティブスピークは特徴のところで述べたように、一般的な発音教材にあるネイティブが発音している映像だけでなく、口の中がCG動画で完全再現されています。また、口の中に振られた番号に合わせて舌を動かすだけという左脳的アプローチと「キスをする時の口」や「犬が「ウゥー」唸るような感じで」といったような右脳的アプローチの両方の説明があるなど他の発音教材に比べて圧倒的な情報量があります。

 

そしてのこの情報量の多さこそがネイティブスピークで効果が出る人が多い理由です。

 

前述した通り、情報量が多いとそれだけ繰り返しの回数が少なくてすみます。なので、他の発音教材では3〜4ヶ月か」かるところが、ネイティブスピークだと1ヶ月ほどですみます(定着させるのにはもう一ヶ月ぐらいはかかります。それでも2ヶ月です)。これは単純なことのようでとても大切です。なぜなら、大抵の人は1ヶ月以内に何らかの効果が実感できないと止めてしまうからです。

 

これがネイティブスピークが効果が出やすい理由です。

 

 

最新の研究では、食事制限などのダイエットと筋トレを比べた場合、筋トレの方が倍以上の方が続けること出来る事がわかっています。これは、筋トレには筋肉痛があったり、筋肉の盛り上りなど、ダイエットに比べて、短期間でしっかりと実感できるからです。


 

ここまでの話をまとめるとネイティブスピークと他の教材との違いはその分かりやすさであり、オススメする理由は時間が短縮できるからです。なので、半年や1年という長い時間をかけて発音を身につけるというような時間に余裕のある方は特別にこの教材を買う必要はありません。

 

一方で、1ヶ月や2ヶ月といったような短期間で発音を身に付けたいという方にはオススメします。

ネイティブスピークの口コミ

ネイティブスピークを実際に買った人はどのような評価をしているのでしょうか?

 

ランダムに口コミを抽出しましたので、少しだけ紹介します。

 

口の中が番号で表示されていて、ポイントがとてもわかりやい

今までは発音などの、色々なサイトを参考にして、なんとなく理解しながら独学でやっていましたが、舌の位置など、今まで間違っていたことが分かりました。この教材を見て舌の位置をずらすと、今までの音よりもシッカリとした音を出すことが出来ました。今までのクセなどがあるので、シッカリと覚えるように繰り返して頑張りたいです。口の中が番号で表示されていて、ポイントがとてもわかりやいです。

今までの発音の仕方が、いかに日本人的だったかが理解できました

使い始めてまだ2日目ですが、非常に良い教材に会えた気がします。舌や唇の動かし方が非常に分かりやすいです。今までの発音の仕方が、いかに日本人的だったかが理解できました。

CGの口の動きが素晴らしい

CGの口の動きが素晴らしいです。これまでの発音教材では、母音や子音の時の舌の動かし方は曖昧でしが、この教材ではその点はシッカリとカバーされています。ただ、DVDプレイヤーで再生すると毎回ボタンを操作しないといけないのでその点が玉に瑕です。

番号通りに動かせばよくとても分りやすかった

私は以前、同じ3D映像のある発音本(英語の発音トレーニングBOOK)を使っていましたが、そちらの映像はほんとうに下の動きだけを素早く見せているだけでよく分かりませんでした。その点、こちらは舌の動かす位置を番号で表示してくれており、その番号通りに動かせばよくとても分りやすかったです。

英語耳では理解できなかったが・・・

書籍で有名な「英語耳」で、舌の動き方の説明が書いてあるのを読んでみても、いまひとつイメージできていなかったのが、こちらで視覚的に理解できてすっきりしました。ネイティブスピークと英語耳、あとYoutubeなどを上手く使いまわすことで、だいぶ習得できそうな手応えを感じています。リエゾンはもう少し解説が欲しかったかな。

 

ネイティブスピークは現在、大手レビューサイトに457件のレビューがあります。私はこのサイトを作るにあたってその大部分を読みましたが、本編の内容に否定的なレビューは全くといっていいほどありませんでした。

 

もちろん、否定的なレビューもありましたが、それはDVDの操作性であったり、2枚目のリエゾンの説明が足りないというもので、どのレビューも発音の説明に関しては肯定的なレビューでした。

 

正直、ネイティブスピークはかなりの高評価を受けていると言ってもいいと思います。

ネイティブスピークのQ&A

最後にネイティブスピークに関するよくよせられる質問に回答します。

 

ネイティブスピークを使うと英語が話せるようになるの?

ネイティブスピークを使っても英語は話せるようにはなりません。

 

英語を話せるようになるためには、単語の知識や英文を組み立てる能力など様々な能力が必要です。また、ネイティブスピークは個別の発音と最大でもフレーズ単位での発音の教材となっているため、ネイティブのような発音になるためには、これとは別にリズムやイントネーションを学ぶ必要があります。

 

ただ、最初にネイティブスピークで発音を学んでおけば、リズムやイントネーションを身につけるためのトレーニング(シャドウイング等)の効果もかなり出やすくなるのでオススメです。

どれくらいの期間、発音のトレーニングをすればいいの?

ネイティブスピークの公式サイトでは1 日20 分の学習を60 日間となっています。

 

個人的な感想としてもだいたい同じぐらいです。

 

ただ、これは自然に口が動くレベルというように考えた場合で、実際には、リスニングだけなら2〜3週間ほどで明らかに聴こえ方が変わりますし、1ヶ月もあれば、大抵の発音は出来るようになります。

発音は一度身に付けたらもう勉強しなくてもいいの?

基本的に発音は、車の乗り方と同じで一度身に付けたらある程度の期間は開けても大丈夫です。

 

ただ、こちらも車と同じであまりに時間が開くとスムーズにこなすのは難しくなってしまいます。なので、オススメとしては一度身に付けたら(60日間しっかりと勉強したら)、あとは2〜3ヶ月に一度ぐらいは1週間ぐらいかけてしっかりと復習する必要はあります。

 

私は2〜3ヶ月に一度TOEICを受けているのでその1週間ぐらい前から復習して試験に望んでいます。

DVDの操作性があまり良くないと聞いたのですが本当ですか?

はい、事実です。

 

これはネイティブスピークの唯一の欠点というべきものですが、一つの音を学ぶたびにDVDの操作をしなければならず、正直なところ少し面倒くさいです。

 

パソコンの場合は、連続再生をしてくれるソフトなどを使えば問題ないですが、DVDプレイヤーによっては、我慢せざるを得ないといえます。

リスニングパワーとネイティブスピークはどちらがいいですか?

ネイティブスピークの方がオススメです。

 

リスニングパワーはかなりトリッキーな教材で、英語の初心者がいきなり取り組むのは難しいです。

 

その点、ネイティブスピークは発音の教材なので、中学レベルの英語の基礎(最低限中学英語の基礎単語)が分かれば問題なく使うことが出来ます。

 

なので、個人的にはネイティブスピークをオススメします。

まとめ

さて、ネイティブスピークについて色々と見てきましたので、最後にまとめてみましょう。

 

まず、ネイティブスピークでできることは、

  • 英語が聞き取れるようになること
  • 単語/フレーズレベルでの発音

の2つで、これ以下でもこれ以上でもありません。

 

ネイティブスピークを購入したからと言って、ネイティブのようにスラスラと英語が話せるようになるわけではありません(スラスラと英語が話せるようになる近道にはなります)。

 

では、ネイティブスピークを使うとどのようなメリットがあるのかというと、

 

それは、膨大な時間の短縮です。

 

ネイティブスピークは他の発音教材に比べて、圧倒的な教材の分かり易さがあり、他の教材の2分の1から3分の1ほどの短期間で英語の発音が習得可能です。

 

英語の発音というのは習得まで時間がかかるため、ほとんどの人が途中で挫折してしまいます。

 

しかし、ネイティブスピークの場合は、2〜3週間で効果が出始め、1ヶ月も経てばかなり英語が聞き取れるようになり、発音ができるようになります。そして、2ヶ月もすればほとんど意識しなくても正しい発音が出来るようになります。

 

繰り返しになりますが、半年や1年という長い時間をかけられるという方は、あえてこの教材を買う必要はありません。また、ネイティブにマン・ツー・マンで個別指導を受けられるというような方も必要がありません。

 

しかし、私のように短期間で発音を身につけたいという方には最高の教材だと思います。

 

今まで山のように発音教材を試してきましたが、間違いなく一番オススメです。

 

>>ネイティブスピークの公式サイトはこちら<<

もし、あなたが本気で人生を変えたいなら・・・

想像してみよう

 

なたの悩みのタネだった発音やリスニングが、

たった60日で劇的に変わるとしたら……

 

TOEICや英検などのリスニングで、

自信を持って回答出来るようになるとしたら……

 

映画や海外ドラマの音声が見違えるほど

はっきりと聞こえてくるようになるとしたら……

 

それでもまだ、

あなたは効果の出ない発音本で勉強しますか。

 

れとも・・・

 

ネイティブスピークの効果は本当?徹底検証と本音レビュー

page top